金融に関する問題は専門業者がサポートする

ストックオプション

ストックオプション制度とは

「ストックオプション」とは、企業が従業員や取締役に対して企業の株式をあらかじめ定めた価格で将来的に取得することが出来るという権利を付与するというインセンティブ制度の事を言います。 株価が上昇した場合には、ストックオプションにより、上昇する前の価格で定められた数量の株式を取得し、売却することが出来ますので、利益を得ることが可能です。企業の株価が上がることは、企業や株主の利益となりますので、社員のモチベーションを上げることが出来ます。 なお、株価が下がってしまった場合でもストックオプションの権利を行使しなかった場合には、損をするということはありません。 ストックオプションの権利を行使した日の株価があらかじめ定められた株価よりも上回っている場合には、所得税が課税されますので注意が必要です。

優秀な人材を集める方法

優秀な人材の確保が難しいベンチャー企業では、このストックオプションの権利を与えることにより、優秀な人材の確保に繋がる場合があります。ただし、ストックオプションは、株式が公開された後、株価の値上がりが見込むことが出来るということが大前提となっています。そのため、ストックオプションの権利を与える相手には、株式公開の計画や業績が向上する根拠などをしっかりと提示する必要があります。 さらに、行使価格の設定や付与する株式数なども慎重に決めておく必要があります。ストックオプション制度の活用運用は簡単なことではないため、株式に関する専門的な知識が必要となります。ですから、活用を検討しているのであれば、専門的な知識を持つ人に相談するようにしましょう。