金融に関する問題は専門業者がサポートする

手形割引の注意点

手形割引の注意点とは?

保有している受取手形を金融機関等で割り引いて現金化することを手形割引といいます。証券を現金化する手法の一つです。その手形の割引を引き受ける場合にはいくつかの注意点があります。 裏書人の記名捺印があるかどうか一番重要でしょうし、当然ですが支払期日が経過していないことも念のためチェックが必要です。 また、その手形割引の目的も大切な注意点です。その手形割引が通常の商取引目的であればいいのですが、融通手形だった場合には手形割引に応じるべきではありません。 また、その他の注意点としては、裏書人が多すぎる、つまり、転々としてきた手形が割引に持ちこまれた場合には、慎重に引き受ける必要があります。場合によっては、裏書人等の資力の確認等が必要かもしれません。

期日前に手形割引して現金に替える理由

手形割引とは、商品やサービスについての代金として現金の代わりにもらった受取手形を、期日の前に金融機関に買い取りを依頼して現金に替えることです。手形の期日が来る前に現金にするので、期日までの金利分を手形の額面金額より割り引いて支払われることから、手形割引と呼ばれる由縁になっています。上場企業からの受取手形は信用されることが多く、金融機関から手形割引を断られることはあまりありません。 手元に残る価格は少なくなっていても、手形割引をするには理由があります。支払いを受けた時から、期日までの期間が長い場合、早めに現金にした方が、予期せぬ出費がある時にすぐに活かすことができます。また、資金繰りに余裕のない事業者の場合は、現金やすぐに引き出せる預金として手元に置いておく必要があります。 手形割引をする際には、信頼のおける金融機関に依頼することが大事になります。担当者が手形割引の金利等を明確に説明してくれる金融機関を選ぶようにする必要があります。