金融に関する問題は専門業者がサポートする

自分のストレスを計算

ストレスチェックの方法について

最近、職場などでストレスチェックという言葉を耳にする。ストレスチェックとは社員自身がメンタルの状態が正常か、不調になっていないかを確認、点検するというものである。そして、このストレスチェックは将来、義務付けられていることが決定している。 ストレスチェックの結果、ストレスが高いと判定された社員は、会社へその内容を申告して、医師による指導や診断を受けることが可能となる。しかし、社員としては、医師の指導を受ける権利ができたとしても、それを会社へ申し出る事により、自分に不利益な事になるのではないかと不安に思っている人が多いと思われる。一応、社員に不利益な事があってはならないとはされているが、きちんとした明確化も必要と思われる。

今後のより効果的な方法について

もちろん医者の診断および面接により、全てが解決されないのではないかという不安もあると思われる。原因がもっと別な部分にある場合が多いからではないだろうか。正社員が減ることによって、正社員にかかる負担が大きくなり、労働環境の厳しさなどから、精神的不調に陥るケースも少なくないからである。 いずれにしても、現状のまま精神的に不調な状態の社員が増え続けることは、社員だけでなく、会社側にも大きな損害である。 今後は現在のストレスチェックがもっと効果的に機能するようにする必要があると思われる。医師による面接や指導についても、より社員の精神的にメリットがあるものでなければならない。そして、最終的には社員側、会社側共に良い方向に向かうのが望ましい。